奥歯がむし歯になる前に、シーラントで予防

歯ブラシが届きにくくむし歯になりやすい奥歯。今回は、奥歯のむし歯予防に効果的な“シーラント”のことを詳しくお伝えします。

奥歯の溝からむし歯が発生進行することを予防

奥歯の溝は深くくぼんでいて、大変むし歯になりやすい部分です。「シーラント」とは、生えて間もない奥歯の溝を一時的に塞ぐことで、むし歯を予防する方法です。歯みがきでは十分にきれいにすることが難しい奥歯の溝にシーラント材を流し込むことによって、プラークや食べかすが奥歯の溝に入り込まないようにし、奥歯の溝からむし歯が発生進行することを予防します。

定期的な受診が大切

シーラントをしたからといって、むし歯にならないわけではありません。しっかり歯みがきをしたり、規則正しい食生活習慣をしなければ、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からむし歯になってしまいます。

また、シーラントは優れたむし歯の予防方法ですが、歯を削ってつめるものと違い、永久的にその効果を発揮するものではありません。シーラントの一部が欠けたり、とれたりすると、その部分からむし歯になりやすくなります。そのため、定期的に受診し、シーラントの状態をチェックしてもらうことが大切です。

アドバイス
静岡県歯科医師会地域保健部員
小木曽 行恭 先生
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする