寝かせみがきで仕上げして、歯磨きを気持ちよく

乳幼児のお口の健康は、親御さんの協力なしにはできません。歯が生えたら子どもにとって楽しみになる仕上げみがきを行いましょう。今回は、寝かせ仕上げみがきのお話しです。

無理なゴシゴシみがきは歯みがき嫌いに

歯が生えたら、おやすみ前に歯みがきをしてあげましょう。親御さんの膝に頭をのせて、お子さんと目と目を合わせて、お話ししながら歯の掃除をしてあげましょう。

厳密にみがこうとする必要はありません。ちょっとしたコツをつかめば、お子さんにとって気持ちよく歯みがきすることができます。歯科衛生士の実技指導を受けるのが一番です。

3歳までは寝かせみがきが推奨されますが、ただ寝かせてみがけばよいのではなく、親御さんが座り、お子さんの頭が腹部につくようにすることがポイントです。そうすることで、口の中がよく見えます。

口の中が見えない状態でみがいていると、歯の生えていない所や歯肉を一生懸命にゴシゴシしていることが多く、お子さんにとって楽しいはずの歯みがきがつらいものになってしまいます。

寝かせみがきは優しく軽く、気持ち良さが大切

寝かせて仕上げみがきをするのが一般的ですが、泣くお子さんを押さえつけて無理やりみがくのではあまり意味がありません。歯みがきを好きになってもらいたいからです。

無理やりだとお互いに力が入り、痛みの原因となり、余計に嫌がるようになる可能性もあります。嫌がる原因としては、つばが溜まると苦しい(溜めたままのみ込まない)、上唇小帯(じょうしんしょうたい/うわくちびるをめくると真ん中にある筋のようなもの)にブラシが当たると痛い、といったことが考えられます。

寝かさず、授乳する格好(膝の上で横に抱えるスタイル)で歯ブラシを優しく口の中に入れ軽く動かすだけで、仕上げみがきの第一歩は成功です。

最初はうまくみがけなくてもいいのです。大切なのは気持ちよさです。耳の掃除と同じように歯の掃除は気持ちいいものです。気持ちがよくて、大事にされている実感がたっぷり得られますので、お子さんにとって、これほど安心できて楽しい時間はないでしょう。口の中をきれいにする習慣は、こうして自然に身につきます。

アドバイス
静岡県歯科医師会地域保健部員
竹下 伸彦 先生
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする