サクサク、止まらないおいしさ!なすと桜えびのサモサ風

今回は「なす」を使った料理です。夏に旬を迎えるなすは、水分を多く含み、体をクールダウンする働きがあります。皮がピンと張ってつやがあり、重みのあるものを選びましょう。

材料(20個分)

なす 2本

桜えび 8g

ニンニク 1片

ショウガ 1片

a しょうゆ 大さじ1・1/2 酒 大さじ1・1/2 砂糖 大さじ1

餃子の皮 20枚

サラダ油 適量

つくりかた
調理時間(目安)40分

❶なすは皮をむいて5mm厚さのいちょう切りにする。ニンニク・ショウガはみじん切りにする。

❷フライパンにサラダ油大さじ1とニンニク・ショウガを入れて熱し、香りが立ったらなすと桜えびを入れてしんなりするまで炒める。aで調味をして、冷ましておく。

❸餃子の皮の中央に・を置いて周りに水をつけ、三方から持ち上げて包む。

☆❸のPoint・・・水をつけて、とじ目はしっかり止めます。

❹180℃の油できつね色に揚げる。

取材協力
静岡ガス エネリアショールーム静岡 クッキングスタジオ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする