知識と対策でお子さんを『熱中症』から守ろう!

この時期に一番怖いのは熱中症。 しっかり対策をとって、楽しい夏休みにしたいですね。子どもは新陳代謝が活発で体温が高く、汗もたくさんかきます。しかし、体温調節はまだ発達途上にあるため、高い気温は得意ではありません。特に夏場は、遊びに夢中になるとさらに体温が高くなり、熱中症を引き起こす危険性があります。このため、周囲の大人が注意して防止していく必要があります。

熱中症と感染症による熱の違い

風邪などの感染症では、病原体が身体に侵入すると、脳から身体に熱を出して戦うよう指令を出します。一方、熱中症は暑さや運動で熱が作られていくなか、高い気温などが原因で、熱をうまく体外に逃がすことができず発症する病気です。

熱中症対策

◆服装:通気性の良い素材で締め付けの少ないものを選びましょう。

◆水分の補給:汗をかいて不足しがちになる水分と塩分を補いましょう。

◆環境:夏場の地面はとても熱く、地面に近い子どもと大人では数度の温度差があるようです。また、室内でも風通しが悪い所では熱がこもりますので、熱中症の危険があります。なるべくお子さんにとって涼しい場所で過ごすよう気を配りましょう。

暑さに身体を慣らす

夏本番に向けて、お子さんの様子を見ながら休憩を取り入れつつ、暑さに身体を慣らすのも大切な予防法です。例えば、冷房の設定温度を少し高めにしたり、日が落ちて涼しくなってきたら冷房を切ってみるのも良いでしょう。

熱中症になってしまったら……

顔が赤く、汗をたくさんかいていたら、危険サイン。すぐに涼しい所で休息と水分補給をしましょう。頭、腋の下を冷やすのも効果的です。それでも症状が改善されない、ぐったり元気がない、吐く、頭痛などの症状が見られるときは、速やかに医療機関を受診しましょう。

アドバイス
静岡県立こども病院 主任看護師
神保 紀和子さん
◆プロフィール
1996年、こども病院就職。 内科・外科病棟を経てPICUに勤務。現在は集中ケア認定看護師の資格取得に向け研修中。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする