赤ちゃんが泣いた時の接し方 赤ちゃんとゆったりと関わろう

赤ちゃんはなぜ泣くの? お腹が空いた、オムツが汚れて気持ちが悪い、暑い、寒い、などの生理的な不快を感じた時に泣く事が多いです。

赤ちゃんが泣いたらどうすればいいの?

まずは赤ちゃんが不快に感じていることを取り除きましょう。

おなかがすいていないかな? ミルクを飲む時間は決まっていますか? 飲むミルクの量はいつもと違いませんか? 多過ぎ、少なすぎではないですか? 母乳の場合は、飲む時間がいつもと変わりないですか?

ミルクを飲んでも落ち着かない時は、空気を一緒に飲み込みおなかが気持ち悪い場合があります。そんな時は、縦抱きにしてゲップを出してあげるとご機嫌になる事もあります。

それでも泣き止まない時は?

抱かれている姿勢が気に入らないこともあります。縦抱きや横抱きを試してみてください。赤ちゃんにも好みがあるのです。また、赤ちゃんは抱っこで歩くのも好きです。歩きながら優しく声をかけてあげてください。

それでも泣き止まず落ち着かない様子の時は、おくるみで赤ちゃんの体をしっかりと包みこんで(おひな巻き)あげましょう。赤ちゃんはからだが何かに触れているとママのお腹の中にいた頃のように落ち着けると言われています。手にも何か握るものがあると安心するようです。ママの指を近づけるとぎゅっと力強く握り返してくるでしょう。

また、赤ちゃんは泣くことでママに何かを伝えようとしますが、全ての欲求が満たされたとしても泣くことがあります。何で泣き止まないの? とイライラし、不安になってしまうママの気持ちが赤ちゃんに伝わりますます泣いてしまうとも言われています。ママの気持ちが穏やかでいることが大切です。

赤ちゃんの顔を見て「ママはここに居るよ」「大丈夫だよ」と優しく声を掛けてあげてください。赤ちゃんはいつも自分に答えてくれるママに対して安心感と信頼感を得るようになり、ママもまた、赤ちゃんの反応を受けて特別な愛情を感じるようになるといわれています。赤ちゃんはママの優しい声と優しい笑顔が大好きなのです。

ですから、ママが心穏やかに過ごす事を一番に考えてみてください。ママが心地よく感じる音楽、絵、絵本など赤ちゃんと一緒に楽しむのも素敵なことですね。

アドバイス
石上香織(いしがみさおり)さん
◆プロフィール
平成21年から静岡県立こども病院新生児未熟児病棟に勤務。可愛い赤ちゃんに沢山のパワーを貰いながらご家族と共にお子様の成長、発達のお手伝いをさせていただいています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする